Memoranote

興味のあること、感じたこと、気になったこと、体験したこと、手に取ってみたことを記したブログ

【はてなブログ】独自ドメインでエラー レコードが見つかりませんでした!

f:id:Kiwham16:20190131135755j:plain

本当困るというか、自分がわけわかめ状態に陥っていたので、他の方の助けになればということで、独自ドメインで『ドメインの設定状況:エラー レコードが見つかりませんでした』になった人、集まれ~~のお話。

経緯

私はブログ開設当初から、後のアドセンスやら何やらをやる気満々も満々だったので、意気揚々と『はてなブログPro』への切り替えと共に、独自ドメインを申し込んだ。
ドメイン名に別に拘りも無いので、誰かにアピールするわけでも無く、安さこそ至高!とかめっちゃキモイ事を言いながら、キャンペーン中だった1年間無料の.workドメインに即決するわけである。

問題発生

最初に割り当てられるドメインは「www.kiwham.hatenablog.com」なわけだ。
おいおいそのドメインはスマートじゃないぜ。と言わんばかりに、「設定」→「詳細設定」→「独自ドメイン」から割り当てられた新しいドメイン「www.kiwhack.work」を入れてみた。

f:id:Kiwham16:20190131184551j:plain

……。
落ち着け、落ち着くんだ。
他のブロガ―さんも「ただひたすら待つのみです。」と言ってたじゃないか。

「短気は損気、急がば回れ、焦りは禁物」とか頭の中では唱えながらも、身体は全く遵守する姿勢は見せないようで、下の「ドメイン設定をチェック」を10分に1回は押しているが、いつまで経っても変化が無い。

まあ暫くすれば設定完了しているかなと思いながら、2日くらい経った。
「安西先生くらい仏だよね」と夢の中で誰かが言っていたような気がするくらい仏の私も、そろそろ我慢の限界だ。

解決方法

色々調べてみると、独自ドメインを取得して上記のテキストフィールドに入れるだけでは未来永劫、設定は完了しないという事が分かった。
DNSという言葉を見つけた時に、そりゃそうだとWeb屋に居ながらのこの無能さは呆れるばかりであり、最早現行犯逮捕も視野に入れていいレベルである。

手順1

お名前.com Navi

まずはこちらにアクセスし、独自ドメインを取得した時のアカウントでログインしよう。

手順2

f:id:Kiwham16:20190131144737j:plain

グロナビ「DNS」に入り、「ドメインのDNS関連機能設定」をクリックし、次へ画面へ。

手順3

f:id:Kiwham16:20190131145419j:plain

内部ドメイン一覧から、独自ドメインとして設定したいドメインの所のラジオボタンをクリックし、次へ進む。

手順4

f:id:Kiwham16:20190131145830j:plain

ページ下部の「DNSレコード設定を利用する」をクリック。

手順5

f:id:Kiwham16:20190131150644j:plain

①に「www」、②は「CNAME」、③に「hatenablog.com」を追加し、「追加」ボタンをクリック。

f:id:Kiwham16:20190131151354j:plain

ページ真ん中の「登録済み」「A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXTレコード」の所に、今登録したレコードが追加されるので、「DNSレコード設定用ネームサーバ変更確認」のチェックを行った上で、確認画面に進もう。

手順6

f:id:Kiwham16:20190131151946j:plain

「現在のDNSレコード設定状況」の一番下に先ほど追加したレコードがあることを確認し、「設定する」をクリック。

こちらで設定自体は完了です。

その後

古い「www.kiwham.hatenablog.com」でアクセスをすると、リダイレクトが自動でかかるようになり、「www.kiwhack.work」でページの閲覧が出来るようになった。

f:id:Kiwham16:20190131152740j:plain

「ドメイン設定状況」はDNS設定直後はまだ不安定で、依然「エラー レコードがありません」と出る事もあったが、1時間もしないうちに、連続してクリックしていると、今まで全く出ることも無かった「有効」のテキストが出るようになった。

もう少し時間が経ったら安定し、こちらで設定全て完了。
「Google Analytics」や「タグマネージャー」等付随サービスの設定も行いました。

まとめ

意外とややこしいなというのが本音。
仕事でもバックエンドの方はあまり担当していないから。

え?そういう問題じゃない!!????
言い訳してすみませんでした。