Memoranote

興味のあること、感じたこと、気になったこと、体験したこと、手に取ってみたことを記したブログ

ベトナム旅行は弾丸2泊3日でも十分楽しめる!(準備編)

f:id:Kiwham16:20190204002159j:plain

少し前になりますが、昨年11月の三連休に弾丸ですが、2泊3日でベトナム(ハノイのみ)に行ってきました。
2泊3日でベトナムって言うと、スケジュールの面でハードル少し高そうな気もしますが、意外と行けますよ!って事で、そのお話。
数回に分けて投稿していこうと思いますが、今回は前段階として準備編です。

今回、ベトナムを選んだ理由

私は今までに海外旅行としては15ヵ国に行っていましたが、基本的には新しい国を攻めたいという点がまずは1つ。
また今回は連れと一緒に行ったのですが、今までに一度も海外旅行に行ったことがないということで、最初は近場の台湾なども候補に入っていましたが、台湾は最悪土日でも行こうと思えば行けるということで、日程ギリギリまで攻められるところがいいのではと、今回ベトナムに決めました。
ベトナムよりも遠くなると、移動時間でかなりスケジュールが食われるので、2泊3日だと、ここら辺がギリギリの線かなと思いました。

www.nta.co.jp

ここは会社さんによって調査方法は異なってくると思いますが、日本旅行さんの人気海外旅行ランキングではベトナムが3位に入っているように、注目されて来ている観光地でもあると思います。

ベトナムについて

国名 ベトナム社会主義共和国
首都 ホーチミン
通貨 ベトナムドン(略称は₫、VND)
(1万VNDで約50円)
東京からの移動時間 約5時間
時差 日本から約-2時間(日本は午前2時の時に、ベトナムが午前0時)
物価 日本に比べると約1/3(←安ゥ!)

諸々の予約

航空券

11月末の旅行に向けて、動き出したのはお盆明けくらいでした。
1人旅の時は、航空券から全部自分で予約して、というのが定番でしたが、今回は1人じゃなかったので、予期せぬ事が起こらぬよう、航空券とホテルだけは旅行会社にお願いして、向こうでのスケジューリングのみ自分達で決めました。

stworld.jp

今回使わせてもらったのはエスティーワールドさん。
担当者の方と色々とメールでやりとりさせていただきましたが、対応も良くして貰って、特に不満な点はありませんでした(航空機の予約の所ではちょっと残念な所もありましたが)。

ホテル

ホテルに関しても、航空券にくっついてくる形で旅行会社さんにまとめてお願いしました。
ベースのプランに対して、プラスアルファでいくらか足せば、ホテルのグレードもアップして貰えるというものだったので、今回は初めての海外という連れの事もあって、満足して貰いたかったので、少し奮発しました。

www.booking.com

www.tripadvisor.jp

今回は『インターコンチネンタル ハノイ ウェストレイク』というホテルに泊まりました。
ハノイ市街からは少し離れた所にあり、最初はアクセスなどを含めると、もっと市内のホテルでも良かったかなと思いましたが、雰囲気などに惹かれてこちらに決めました。

結果的に2人ともとても満足できますし、もし余裕がある方にはとてもオススメです。
『水上ヴィラ』という湖の上に立っている部屋をお願いしたので、少し値段は張りましたが、ベースのホテルから1日で1名+12,000円ほどです。(2日×2人なので+48,000円ですね。)
ただベトナムは日本の物価の1/3ほどと言われていますので、ホテルのクオリティから考えれば個人的にはべらぼうに高いという印象は無かったです。

ホテルのグレードは気にしないと言う方であれば、もっと安く済ませられますし、市内から歩ける距離でも良いホテルは沢山あります。

現地ツアー

2日目は終日フリーだったので現地ツアーを利用しました。
自分たちで移動しにくい場所だったため、こちらは現地ツアーでお願いしました。
詳しい話はまた後ほど。。

www.veltra.com

使用するのはメキシコへ1人旅に行った時以来で2度目ですが、ツアーの種類に関してはかなり豊富で、海外に行く時は必ずチェックさせて貰っています。

事前に準備したもの、検討したこと

現地でのスマホ利用はPocket Wi-fiよりも現地SIMで!

前回の記事で詳細は記載させてもらいましたが、現地で使えるSIMを予め入手しておく方が、Pocket Wi-fiを使うよりも断然オトクです!
今回のベトナム旅行で、過去の旅行に比べて目に見えて経費削減になった(何より使い勝手良き)&これからの海外旅行でも検討していけそう(行き先にもよっては現地SIMが無いような所もありますが…)という点では、一番収穫があったのがこちらでした。

www.kiwhack.work

現地での移動手段はGrabがオススメ!

私たちはオプショナルツアー以外は市内を回るという計画でした。
有名どころだけを回るのであれば、市内の雰囲気も感じたければ、びっくりするほど広いという訳ではないので、ぶっちゃけ歩いても回ろうと思えば回れます。
ただ何かの際に短時間で移動したい場合には、「Grab」がオススメです。

海外の他の国では「Uber」が流行っていますが、ざっくり言えばあのサービスと同じですね。
ベトナムはボッタクリも多いので、タクシーで移動する時に、現金でやりとりするのはオススメしません。
ボッタクリタクシーに引っ掛かると、メーターがえげつないスピードで上がっていくというケースも珍しくありません(Grabで拾えなかった時に1回やらかしました。。)

「Grab」も他の配車アプリと同様、事前にクレジットカードを登録しておくことで、実際にタクシーに乗る時は現金払いを避けられるので、安心ですよ。

両替は現地マスト!

両替は必ず現地で行って下さい。
国内ではベトナムの通貨であるドンをあまり扱っていないことに加え、成田空港などでも両替はできますが、かなりレートに差があります。

国内で予め両替しておいた方が楽という気持ちもあるかと思いますが、私はハノイのノイバイ空港で両替を行いましたが、何の不都合もなく行えましたので、現地で必ず両替しましょう。

因みにベトナムドンは国内に帰っても、もう一度円に戻すのが結構手間なので、両替し過ぎには注意です。(だからと言って、カードの流通具合も万全というわけではないので、そこも注意。)

事前に、どこでどのくらい使うというのはある程度算出しておいても良いたほうが良いでよ。

泊まるホテルによっては蚊の対策が必須

今回、上述のホテルに泊まったわけですが、水上のホテル、部屋であったため、蚊が結構出るという話を事前に入手していました。
確かに結構出ました。

なので、こちらを事前に入手しておきました。

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)

蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)

効果覿面!
人間には害のない成分を使っているという事ですので、何回かシュッシュッと吹く事で、蚊が部屋に寄らなくなり、ホテルでも快適に過ごせました。

まとめ

ということで今回は旅の前に行った準備や何やらでした!
少し前に行ったので、忘れているような事もありますが、色々と書き記していきます。

次回は初日の模様をお届けします。